【おすすめ】0歳〜6歳のおもちゃのサブスクClick!

赤ちゃん(新生児)の手形の取り方のコツを徹底解説します!

※当サイトはアフィリエイトサイト広告を利用してます。

初回限定

【初回は1食390円】

冷凍幼児食mogumo

おすすめです!

赤ちゃんの手形を取りたいけど、手を握っちゃって上手く取れない

新生児の手形の取り方のコツを知りたい!

新生児の手形を取りたいけどとても難しい


このような疑問を解決できる記事です。


赤ちゃんの時に(なるべく新生児の時に)手形や足形を取りたいけれど、なかなか上手く取れないと悩んでいるパパやママはいませんか?

私自身、一児のパパです。

新生児の時に手形を取るために色々な努力をしました。

子供の成長は早いので、できる限り小さいうちに手形を取りたいですよね。


この記事では、赤ちゃんの手形の取り方のコツをお伝えしたいと思います。

ぜひ、参考にしていただき、挑戦していただけたら嬉しいです。


この記事でわかること
  • 赤ちゃん(新生児)の手形はなぜ取りにくいのか?
  • 赤ちゃん(新生児)の手形の取り方のコツ
  • それでも赤ちゃんの手形が取れない場合の代替方法



では、早速解説して行きたいと思います。

目次

赤ちゃん(新生児)の手形はなぜ取りにくいのか?

赤ちゃんの足形は結構簡単に取ることができるけれど、なぜ手形は難しいか分かりますか?

それは新生児の頃は、原始反射と言って、無意識に反射が起きてしまうからです。


赤ちゃんの手ひらにパパ&ママの指を当てると赤ちゃんが握り返してきた経験はありませんか?



これは、把握反射といい、手や足のひらに触れると、無意識に指が曲がってくる反応のことを言います。

足にも把握反射がありますが、手の方が指が長いため、手形を取るときの方が影響を受けやすいです。


この把握反射は0〜3ヶ月頃まで出現して4ヶ月頃から消失していきます。

そのため、把握反射は、一番手形を取りたい時期のパパとママのライバルになります。

赤ちゃん(新生児)の手形の取り方のコツ

赤ちゃん(新生児)の手形は正直とても難しいです。

何度も挑戦することで良い手形が取れると思いますので、繰り返し挑戦して下さいね。


では、赤ちゃん(新生児)の手形の取り方のコツを紹介していきます。


赤ちゃん(新生児)の手形を取るコツは下記の通りです。

  1. 準備をしっかりする
  2. 寝ている時&授乳直後にとる
  3. インクをたくさんつける
  4. 何度も練習をする
  5. 寝起きに片方ずつ手形をとる
  6. 大人2人以上で手形をとる


一つ一つ紹介していきます。

準備をしっかりする

まずは、しっかりと手形を取る準備をすることをおすすめします。

私が使用したもので一番良かったものが下記の商品です。

値段も手軽で色々な色があります。

さらに、スタンプパッドのふちで手を広げられるような構造になっているため、手のひらにインクを付けやすくなっています。

色が濃い方が手形がはっきりと押せるので赤や黒や青などの濃い色がおすすめです。

シャチハタ
¥629 (2024/07/13 02:11時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場


そして、台紙は何枚も購入しましょう。

一度で手形を綺麗に押すことは最初から困難だと思っていた方が良いです。

ですから、手形を押す台紙は最低5枚以上は必要です。

個人的には、10枚以上あっても良いと思います。

寝ている時&授乳直後にとる

赤ちゃんの手形をとる1番のチャンスは以下の2つです。

  1. 寝ている時
  2. 授乳直後


基本的にこの2つのタイミングで手形を取ることをおすすめします。

寝ている時は力が抜けていることが多いですし、授乳直後は満腹になってグッタリしていることが多いからです。

普段起きているとるのはなかなか難しいですので、タイミングが重要です!

インクをたくさんつける

インクを手につけても、手を握ってしまうとインクがまばらになってしまうことがあります。

まばらになると綺麗な手形を押すことができなくなってしまうので、手にはインクをたくさんつけるようにしましょう。

インクを少なめにつけてもたくさんつけても失敗する時は失敗しますし、成功する時は成功します。

たくさんインクをつけた方が成功した時に綺麗に記録に残せるので思い切ってインクはたくさんつけましょう!

何度も練習をする

何度も練習をすることは大切です。

一度で成功はおそらく無理だと思っていて下さい。

何度も練習をして、本番のつもりで何枚も取ればその中に綺麗な手形も取れると思います。

寝起きに片方ずつ手形をとる

寝ている時に手形を取ることがおすすめと言いましたが、寝起きにとるのもとても良いです。

と言いますが、寝ている時に手形をとると高確率で起きてしまい、寝起きになってしまいます。

ですので、寝ている時に片手をとり、次に寝た時にもう一方の手形を取ることをおすすめします。

大人2人以上で手形をとる

1人で手形を取るのはとてもより難易度が高くなります。

  • インクをつける人
  • 台紙を準備する人
  • 手形を押す人
  • 手を綺麗にする人

各作業を分担して行うと良いと思います。

夫婦で手分けをして手形を取りましょう。

初めての3人での共同作業ですね。

赤ちゃん(新生児)の手形が取れない場合の代替方法

赤ちゃんの手形(スタンプ)は結構難易度が高いです。

手形(スタンプ)よりは難易度が少し低いものを紹介します。

正直、好みによっては手形(スタンプ)より代替方法のものの方が好きな人もいますので、是非見ていただければ嬉しいです。

赤ちゃんの手形を3Dプリントで残す

赤ちゃんの手形を3Dプリントで残すという方法があります。

方法は下記の通りです。

  1. クレイ粘土を手で揉み柔らかくする。
  2. 手型や足型をとる
  3. 石膏を入れる
  4. 絵の具で塗る

金や銀で立体的なのでとても人気がありますよ。

クレイ(粘土)の手形と手形をとる

インクをつける手間がないため、少し難易度が下がる方法で粘土に手形や足形を押すという方法もあります。

こちらも人気で、額に飾る人も多いです。

手と足を写真で記録する

手形のスタンプもクレイ(粘土)もできない場合は、写真で記録するという方法もあります。

今は写真の性能も高いですし、気軽にスマホで撮影することができますので、ぜひ記念に親子の写真をとっておくことをおすすめします。




今回は、赤ちゃん(新生児)の手形の取り方のコツをお伝えさせていただきました。

コツは下記の通りです。

  1. 準備をしっかりする
  2. 寝ている時&授乳直後にとる
  3. インクをたくさんつける
  4. 何度も練習をする
  5. 寝起きに片方ずつ手形をとる
  6. 大人2人以上で手形をとる


新生児の手形はなかなか難易度が高いですが、ぜひ記念になりますので繰り返し挑戦してみて下さいね。

初回限定

【初回は1食298円】

幼児食もぐっぱ


おすすめです!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次