【おすすめ】0歳〜6歳のおもちゃのサブスクClick!

1歳半で皿をひっくり返す理由7選とおすすめのお皿や対策を紹介

※当サイトはアフィリエイトサイト広告を利用してます。

初回限定

【初回は1食390円】

冷凍幼児食mogumo

おすすめです!

子供が1歳半になると、成長や発達が顕著に現れ、親も新たな課題に直面します。その中で、食事の時間において皿をひっくり返す行動は一般的な悩みです。

この記事では、1歳半の子供がなぜ皿をひっくり返すのか、その理由に焦点を当て、また具体的な対策を紹介していきます。

目次

1歳半で皿をひっくり返す理由7選

1歳半で皿をひっくり返す理由は主に7つあると思います。

それは以下の通りです。

  1. 好奇心があるため
  2. 自己表現をするため
  3. 遊んでしまうため
  4. 食べ物への興味があるため
  5. 食べ物が嫌いなため
  6. 飽きてきているため
  7. 親とのコミュニケーションのため


それぞれについて説明していきます。

好奇心があるため

1歳半の子供は好奇心旺盛で、新しいことに興味津々です。

食卓に並ぶ食器や食べ物に触れ、感じることで、自らの知識を拡充していく欲求から、皿をひっくり返す行動が生まれます。

親は好奇心を尊重し、安全な方法で子供が探求できる環境を提供することが大切です。

自己表現をするため

言葉で感情を表現することが難しい1歳半の子供は、身体を使って自己表現します。

皿をひっくり返すことは、その一環であり、自分の存在をアピールする手段となります。

親は子供の感情を尊重し、コミュニケーションを大切にすることが重要です。

遊んでしまうため

子供は遊ぶことが大好きで、食事の時間も例外ではありません。

食器や食べ物を使った遊びが楽しい体験となり、ついつい皿をひっくり返してしまうことがあります。

親は食事を楽しい時間に変える工夫をし、子供が満足感を得られるような遊びを提供することが役立ちます。

食べ物への興味があるため

新しい食材や料理に対する興味も、1歳半の子供にとって重要です。

手で触れ、感じ、味わうことで、食べ物に対する理解が深まります。

その中で、食事の一環として皿をひっくり返すことは、自然な行動と言えます。

親は子供に様々な食材を提供し、食べ物に対する好奇心を刺激することが大切です。

食べ物が嫌いなため

食べ物が苦手な場合、子供はその不快感を皿をひっくり返すなどの行動で表現することがあります。

親は子供の好みや嫌いを理解し、無理に食べさせるのではなく、工夫を凝らして好みの食事を提供することが必要です。

飽きてきているため

1歳半の子供は興味を持ったり遊んだりすることが短時間で飽きることがあります。

食事の最中も同様で、飽きてきた時には無意識に皿をひっくり返すことがあります。

親は食事に変化を加え、子供が食事に興味を持ち続けられるような工夫が求められます。

親とのコミュニケーションのため

食事は親子のコミュニケーションの一環です。

皿をひっくり返す行動は、親の注意を引く手段として機能します。子供は親の反応を見て、さまざまな感情を学んでいきます。

親はポジティブなコミュニケーションを心がけ、子供が食事を楽しむ場として捉えられるようにすることが大切です。

1歳半で皿をひっくり返さないようにする対策

1歳半で皿をひっくり返さないようにする対策を紹介します!

  1. 吸盤付きのお皿を使う

食事中に皿をひっくり返すのを防ぐためには、吸盤付きのお皿を利用することが効果的です。これにより、お皿が安定して机やテーブルに固定され、子供が力を加えてもひっくり返りにくくなります。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
  1. 適切な大きさの食器を使用する

子供用の食器は、子供の手にフィットするようなサイズを選ぶと良いです。大きすぎると扱いにくく、小さすぎると食事の妨げになります。適切な大きさの食器を使うことで、子供が自分で食べる際にも安定感が生まれます。

  1. 食事の前に遊びを取り入れる

子供が食事中に飽きてしまうことを防ぐために、食事の前に短い遊びタイムを取り入れると良いです。遊びが終わった後に食事に取り掛かると、子供はより集中して食事に臨むことができます。

  1. 食べ物のバリエーションを増やす

食べ物に対する興味を引くために、新しい食材や料理を取り入れると良いです。子供は新しい味や食感に興味津々で、食事がより楽しみになります。

初回限定

【初回は1食390円】

冷凍幼児食mogumo

おすすめです!


  1. 落ち着いた環境で食事をする

食事の際には、静かで落ち着いた環境を作ることが大切です。騒がしい音や明かりの強い場所では、子供が興奮してしまい、食事の集中力が欠如することがあります。

  1. 積極的なリアクションを示す

子供が食事中に良い行動をした場合は、積極的なリアクションを示しましょう。褒め言葉や笑顔で応えることで、子供は良い行動を続ける動機づけとなります。

  1. 落ち着いて対応する

子供が皿をひっくり返してしまった時には、怒りっぽくならずに冷静に対応することが重要です。怒りっぽい反応は子供にストレスを与え、逆効果になる可能性があります。代わりに、なぜひっくり返してしまったかを理解し、次に活かせるようにしましょう。

まとめ

1歳半の子供が皿をひっくり返す行動にはさまざまな理由があります。

その理由を理解し、対策を講じることで、食事の時間がより楽しく安定したものになります。

吸盤付きのお皿や適切な大きさの食器、食事前の遊び、新しい食材の導入など、工夫次第で子供との食事の時間をより豊かなものにすることができます。

親子のコミュニケーションを大切にし、冷静かつポジティブなアプローチで子育てを進めましょう。

初回限定
とてもお得な1,980円のお試しセット
オイシックスおすすめです!

↓レビュー記事↓
食材宅配のオイシックスをお試しした感想を率直にお伝えします!

プレパパ&ママ特典
とてもお得な2ヶ月980円
トイサブおすすめです!

↓レビュー記事↓
【口コミ・写真付き】0歳児がトイサブ!を利用した1・2・3・4回目の感想

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次