【おすすめ】0歳〜6歳のおもちゃのサブスクClick!

就学前検診はどんな服装で行けば良い?おすすめの服装を紹介

※当サイトはアフィリエイトサイト広告を利用してます。

初回限定

【初回は1食390円】

冷凍幼児食mogumo

おすすめです!

就学前検診はどんな服装で行けば良いか知りたい!

初めての就学前検診で雰囲気がわからない!

就学前検診のときのおすすめの服装が知りたい!

このような疑問にお答えする記事です。

多くのママは以下のように思っています。

  • 就学前検診の服装に迷っている!
  • 他の子がどんな服装か気になる!
  • 就学前検診にぴったりな服を探している!
  • おすすめの服が知りたい!
  • 避けた方がよい服はあるか知りたい!
ママの芽
就学前検診は聴診などがあるため、すぐまくれる服にしましょう!

就学前検診に参加するにあたって、親子ともに気になるのが服装のことではないでしょうか。

今回は、就学前検診の服装について解説します!

合わせて、おすすめの服装も紹介しますよ。

この記事でわかること
  • 就学前検診とは
  • 就学前検診で避けたほうがよい服装
  • 就学前検診に行く時におすすめの服装

せっかくの就学前検診、現地で困ることがないようしっかり準備して臨みたいですよね。

就学前検診になにを着ていこうか迷っているあなたは、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

ではさっそく解説します。

目次

就学前検診とは

就学前検診とは、小学校に入学する前に行われる健康診断のことです。

学校保健安全法に基づいて実施されます。

子どもの心身の健康や発達を確認し、必要に応じて治療や支援につなげることを目的としています。

就学前検診では、以下のような検査や検診が行われます。

  • 身長・体重測定
  • 内科・耳鼻科・眼科・歯科健診
  • 視力・聴力検査
  • 知能・発達検査
  • 尿検査・結核検査など

就学前検診は、ほとんどの地域で10月から11月にかけて行われます。

検診の結果は、11月から1月にかけて保護者や入学予定の学校に通知されます。

検診に引っかかった場合は、治療勧告や保健指導、就学相談などが行われます。

小学校に入る前に、健康状態や発達状況をチェックすることで、入学後の学習や生活に備えることができます。

就学前検診で避けた方がよい服装

上下分かれていない服装

内科検診では、上半身を裸にする必要があります。

そのため、ワンピースやジャンパースカートなどの上下分かれていない服装は着脱が面倒になります。

また、スカートの場合は動きにくいこともあります。

そのため、上下分かれている服装がおすすめです。

伸縮性のない服

内科検診では、上半身を裸にする必要があるため伸縮性のない服は避けましょう。

捲りにくく時間がかかってしまう可能性があります。

就学前検診は、子ども一人一人の診察時間が短くどんどん進んでいきます。

胸やお腹を診てもらうのに時間がかからないものを選びましょう。

アクセサリーや装飾品をつけた服装

視力検査や聴力検査では、帽子やマスク・ヘアバンドなどの頭や顔にかかるものを外す必要があります。

そのため、アクセサリーや装飾品をつけた服装は、外し忘れたり、紛失したりするリスクがあります。

そのため、アクセサリーや装飾品をつけない服装がおすすめです。

目立ちすぎる服装

就学前検診では、初めての小学校に行って、知らない先生や子どもたちと接することになります。

目立ちすぎる服装は、周りからの注目を集めたり印象に残ったりすることがあるので避けるのが無難です。

就学前検診に行く時におすすめの服装

就学前検診では、内科検診、歯科検診、視力検査、聴力検査などが行われます。

これらの検査にスムーズに対応できるように、検診の内容に合わせた服装がおすすめです。

着脱しやすい服装

内科検診では、上半身を裸にする必要があるため、ボタンやファスナーなどの開閉が簡単な服や、伸縮性のある服が便利です。

Tシャツは楽なのでおすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

下半身は脱がなくてもいいですが、ズボンの場合はウエストがゴムのものが楽ちんです。

ワンピースやジャンパースカートなどは、上下分かれていないので避けたほうがいいでしょう。

アクセサリーや装飾品をつけない服装

視力検査や聴力検査では、帽子やマスク・ヘアバンドなどの頭や顔にかかるものを外します。

これらのものをつけないか、外しやすいものにしたほうがいいでしょう。

動きやすい服装

就学前検診では、教室を移動したり、椅子に座ったり立ったりすることがあります。

そのため、動きやすい服装がおすすめです。

こちらのTシャツは伸縮性があっておすすめです。

ボーダー柄はもちろん無地のものも扱っています。

カラーバリエーションも豊富で、お子さんの好みが見つかりますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

私が就学前検診に行ったときは、保育園の体操服で来ている子どもも数人いました。

割合としては5%くらいでほとんどの子どもは私服でした。

スカートの場合は、短すぎないものや、レギンスやスパッツなどを下に履くと安心です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

また、靴はスニーカーや上履きなどの歩きやすいものがいいでしょう。

履物は小学校により異なるため、事前に確認しておきましょう。

就学前検診は、ほとんどの地域で10月から11月にかけて行われます。

この時期は、日によって気温の差が大きかったり、体育館や教室の温度が低かったりすることがあります。

そのため、季節や気温に応じた服装がおすすめです。

防寒対策をする服装

就学前検診では、体育館での説明や待ち時間が長いことがあります。

体育館は、想像以上に冷えることが多いので防寒対策をしておくといいでしょう。

例えば、カーディガンやパーカーなどの上着を持っていくと便利です。

こちらのカーディガンが、男女ともにおすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

こちらはネイビーですが、他にもイエロー、グレー、ピンク、ワインレッド、ベージュ、ミントグリーンなど合計11色のカラーバリエーションがあります。

胸のオリジナルのワッペンが、おしゃれでかわいらしいですね。

柔らかな薄手のニット素材なので、半袖のの上から羽織ってもチクチクしません。

冷房対策や紫外線対策にも役立ちますよ。

また、靴下や手袋などもあると暖かいです。

脱ぎ着しやすい服装

一方で、検診の移動や面談などで、暑く感じることもあります。

特に10月は残暑で注意が必要です。

私が就学前検診に行ったのは10月でエアコンがかかっておらず、とても暑かったです。

そのため、脱ぎ着しやすく体温調整できる服装がおすすめです。

例えば、重ね着や羽織りものなどを工夫するといいでしょう。

また、汗をかいたりすることもあるので、水筒やタオルを持っていくと安心です。

親の服装

親の服装も気になるところですよね。

子どもが甘えて抱っこする場面もあるので、動きやすい服装が安心です。

就学前検診では、カジュアルな服装の人がほとんどでした。

室内で履くスリッパを忘れると、靴下で移動しないといけなくなり困るので注意してください。

室内だけなら良いですが、渡り廊下を通る場合もありますよ。

スリッパは持ち運びやすい携帯用がおすすめです。

こちらの携帯スリッパは、かかとゴムがあるので歩いてもフィットして脱げいにくです。

小学校では階段の上り下りがあるので便利ですよね。

また、汗をかいても丸洗いできる携帯スリッパなので清潔に保てます。

もちろん収納ポーチも洗えますし、付属の消臭剤も匂いを消してくれます。

おわりに

今回は、就学前検診の服装についておすすめを紹介しました。

服装を選ぶときは、子どもの意見や好みを尊重しつつ、検診に適した服装を選んであげるといいでしょう。

就学前検診は、子どもの成長の節目です。

事前に準備をして子どもの笑顔が見られるように、一緒に頑張りましょう♪

初回限定
とてもお得な1,980円のお試しセット
オイシックスおすすめです!

↓レビュー記事↓
食材宅配のオイシックスをお試しした感想を率直にお伝えします!

プレパパ&ママ特典
とてもお得な2ヶ月980円
トイサブおすすめです!

↓レビュー記事↓
【口コミ・写真付き】0歳児がトイサブ!を利用した1・2・3・4回目の感想

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次