【おすすめ】0歳〜6歳のおもちゃのサブスクClick!

育児が向いてない人と向いている人のそれぞれの特徴

※当サイトはアフィリエイトサイト広告を利用してます。

初回限定

【初回は1食390円】

冷凍幼児食mogumo

おすすめです!

  • 育児に向き不向きはある?
  • どんな人が育児に向いているか知りたい!
  • 育児に不向きな人の特徴が知りたい!

このような疑問にお答えする記事です。

多くの子育てママは以下のように思っています。

  • うまくいかないことが多く悩んでいる!
  • 赤ちゃんとの関りでストレスを感じることが多い・・
  • 育児を楽しみたい!
  • 自分の子育てに自信がない!
  • 自分が育児に向いているか不安・・!
ママの芽
とても共感します・・!

育児でうまくいかないことが続くと、自分が育児に向いているのか不安になってきますよね。

この記事では、育児が向いてない人と向いている人のそれぞれの特徴をご紹介します!

合わせて育児のヒントもご紹介します。

この記事でわかること
  • 育児に向いてない人の特徴や性格
  • 育児に向いている人の特徴や性格
  • 育児に向いてない人でも楽しく子育てするコツ
  • 育児に向いてないと思ったらどうすればいいか

待望の赤ちゃんが生まれ子育てをしていくなら、大変なことが多くても楽しみたいですよね。

自分が育児に向いていないのではないかと悩んでいるあなたは、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

ではさっそく解説します。

目次

育児に向いてない人の特徴や性格とは?

子育てに向いてるかどうかは、一概に言えません。

人それぞれ性格や特徴がありますし、子どもも個性豊かです。

しかし、一般的に言えば、以下のような特徴や性格を持つ人は、子育てをする上で苦労することが多く、自分自身も楽しくなかったり満足感を得られなかったりする傾向があります。

  • 自分より子どもを優先しない
  • 完璧主義
  • ストレス耐性が低い
  • 相手の気持ちになって物事を考えられない
  • 困ったときには問題を丸投げして現実逃避を繰り返す

もし仕事や家事が忙しく育児に支障が出ている方は、なにか「やめられるもの」を探してみてください。

一日24時間、時間には限りがあります。

優先度をつけて心の余裕と時間的余裕を作りましょう。

ぜひこちらの本を参考にしてみてください。

そしてたまには、自分を一番優先する時間を作ってくださいね♪

著:尾石晴(ワーママはる)
¥1,485 (2023/05/30 19:11時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

育児に向いている人の特徴や性格とは?

一方で、子育てに向いている人の特徴や性格とは、どんなものでしょうか?

ここでは、以下のような特徴や性格を持つ人は、子育てをする上で有利だと言えます。

  • 子どもより自分を優先しない
  • 完璧主義ではない
  • ストレス耐性が高い
  • 相手の気持ちになって物事を考えられる
  • 困ったときには問題に向き合って解決しようとする

これらの特徴を持つ人は、子どもから信頼され、愛されます。

また、自分自身も親業務を楽しみ、充実感を得られます。

さらに、子どもの成長や発達に合わせた対応ができ、子どもの心や体を育てることができます。

育児に向いてない人でも楽しく子育てするコツとは?

ここまで、子育てに向いてない人の特徴や性格と、子育てに向いている人の特徴や性格を見てきました。

しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、個人差があることは当然です。

また、性格や特徴は固定されたものではなく、変化する可能性もあります。

つまり、自分が子育てに向いてないと思っている人でも、工夫次第で楽しく子育てすることができます。

では、具体的にどのような工夫が必要でしょうか?

ここでは、以下のようなコツを紹介します。

自分の性格や特徴を知る

まずは、自分の性格や特徴を知ることが大切です。

自分がどんなタイプの人間なのか、どんなことに強く弱いのか、どんなことが好き嫌いなのか、自分自身を客観的に見つめてみましょう。

そうすることで、

  • 自分の長所や短所を認める
  • 自分の得意不得意を把握する
  • 自分の好みや嫌悪を理解する

このような効果があります。

これらは、自分自身を受け入れることにつながります。

自分自身を受け入れることは、子どもを受け入れることにもつながります。

また、自分の性格や特徴を知ることで、

  • 自分に合った子育て方法を見つける
  • 自分に無理のないペースで子育てする
  • 自分に必要なサポートや休息を取る

このような効果もあります。

これらは、自分自身を大切にすることにつながります。

自分自身を大切にすることは、子どもを大切にすることにもつながります。

自分の強みは自分が一番わからないものです。

自分を知るためにおすすめな本がこちらです。

日経BP 日本経済新聞出版
¥2,420 (2023/05/30 19:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ぜひこちらの本を参考に、自分の知らない強みを知ってください!

子どもの性格や特徴を知る

次に、子どもの性格や特徴を知ることも大切です。

子どもは親から遺伝的に受け継ぐ部分もありますが、それだけではありません。

子どもは生まれた時から個性豊かで、環境や経験によってさらに変化していきます。

だからこそ、

  • 子どものニーズや欲求に気づく
  • 子どもの成長や発達に合わせて対応する
  • 子どもの個性や特徴を尊重する

このような行動が必要です。

これらは、子どもへの関心や愛情を示すことにつながります。

また、子どもの性格や特徴を知ることで、

  • 子どもとのコミュニケーションがスムーズになる
  • 子どもとの信頼関係が築ける
  • 子どもの自己肯定感や自尊心が育まれる

このような効果もあります。

これらは、子どもへの支援や教育を効果的に行うことにつながります。

他人と比べず自分らしく生きる

最後に、他人と比べず自分らしく生きることが大切です。

現代社会では、インターネットやSNSなどで多くの情報や意見が飛び交っています。

それらは有益であったり楽しいものであったりしますが、同時に、

  • 他人の成功や幸せを羨む
  • 他人から見られる目や評価を気にする
  • 他人から受けた圧力や期待に応えようとする

このような影響を受ける可能性もあります。

これらは、自分自身への満足感や幸福感を低下させたり、不安や焦りを引き起こしたりします。

だからこそ、

  • 他人ではなく自分を基準にする
  • 他人ではなく自分を信じる
  • 他人ではなく自分を褒める

このような行動が必要です。

これらは、自分自身への尊敬や誇りを持つことにつながります。

また、他人と比べず自分らしく生きることで、

  • 自分のペースで子育てする
  • 自分のスタイルで子育てする
  • 自分の楽しみ方で子育てする

このような効果もあります。

これらは、自分自身への楽しみや充実感を得られることにつながります。

育児に向いてないと思ったらどうすればいい?

助けを求める

一人で悩んだり抱え込んだりせず、助けを求めましょう。

家族や友人だけでなく、専門家や相談窓口も利用してください。

誰かから話を聞いてもらったりアドバイスを貰ったりするだけでも気持ちが楽になりますし、解決策が見えてくるかもしれません。

休息を取る

無理して頑張りすぎず休息を取りましょう。

睡眠不足や疲労はイライラや不安感を増幅させますし、体調不良や病気の原因にもなります。

適度にリラックスしたり体を動かしたりすることで、心身ともに回復させましょう。

認める

自分が子育てに向いてないと思ってしまうことを否定せず認めましょう。

それは自分の本音であり、感情であり、事実であるかもしれません。

それを認めることで、自分に嘘をつかず、自分に向き合うことができます。

そして、それを受け入れることで、自分を責めず、自分を許すことができます。

まとめ

この記事では、育児が向いてない人と向いている人のそれぞれの特徴や工夫できることをご紹介しました。

子育ては一人ではなく、親子で行うものです。

だからこそ、自分だけでなく、子どもも大切にしましょう。

そして、他人だけでなく、自分も大切にしましょう。

そうすれば、子育ては楽しくなるはずです。

初回限定

【初回は1食298円】

幼児食もぐっぱ


おすすめです!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次