【おすすめ】0歳〜6歳のおもちゃのサブスクClick!

子育て中のママ必見!夫にイライラする瞬間を5つ紹介します

※当サイトはアフィリエイトサイト広告を利用してます。

初回限定

【初回は1食390円】

冷凍幼児食mogumo

おすすめです!

  • 子育て中、夫にイライラしてしまうけど私だけ?
  • 夫と分かり合えない気がする
  • 夫に腹が立つけどどうしたらいい?


このような疑問にお答えする記事です。

多くの子育てママは以下のように思っています。

  • 好きで結婚したのに、子育てをはじめてからなんでこんなに腹が立つんだろう
  • 夫にもっと子育てに協力してほしい
  • 子育てを主体的にしてほしい
  • 夫が子育てに協力してくれずイライラする


ママの芽
忙しくて余裕がないから、夫にイライラしてしまう気持ち・・わかります。


この記事では、夫にイライラする瞬間を5つ紹介します!

この記事でわかること
  • 子育て中に夫にイライラする瞬間5つ
  • 夫にイライラした時の対処法

自分だけが夫にイライラしてしまっているかもしれないと感じているあなたは、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

夫にイライラしてしまうのはあなただけではありません。

安心してください。

ではさっそく解説します。

目次

子育て中のママが夫にイライラする瞬間5つと対策 

夫婦で協力しながら育児を行うことが大切ですが、その中で夫にイライラする瞬間があるかもしれません。

今回は、子育て中に夫にイライラする瞬間を5つ紹介し、それに対する対策をお伝えします。

1. 子どもを放置して自分の趣味に没頭する夫

子育ては、子どもの安全や健康に関わるため、夫婦で協力して行うべきものです。

しかし、夫が自分の趣味に没頭し、子どもを放置してしまうことがあります。

例えば、夫がスマホゲームに夢中になっている最中に、子どもが何かをしてしまい危険な状況になる場合があります。

このときママは不安や心配が募り、夫に対してイライラします。

対策

安全に対する認識が不十分なパパには、赤ちゃんの誤飲や転倒による事故について説明することも必要かもしれません。

また、夫の趣味に対して理解を示し、育児と趣味の両立を考えることも必要です。

妻と夫の自由時間が同じになるように調整すると、お互いのストレスが溜まりにくいです。

ママは育休中だとしても、赤ちゃんが寝ている間に家事をするため自由時間がほとんどありません。

このことをパパにわかってもらう必要があります。

またパパは仕事から帰ってきて疲れています。

お互いを思いやれると素敵ですね♪

この本に書かれている「夫婦は共同経営者」という考え方はとてもしっくりきます。

夫婦で協働して子育てをがんばりたいあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

著:尾石晴(ワーママはる)
¥1,485 (2023/03/12 11:17時点 | Amazon調べ)

2. しつけをしない夫

しつけは、子育てになくてはならないものです。

夫がしつけを妻に丸投げしていると妻はイライラしてしまいます。

例えば、子どもが食べ物を投げて遊んでいるのに、夫が注意をしないことがあります。

そのような場合、子どもは食べ物を投げて遊ぶことをやめません。

ママは叱るけどパパは叱らないなど、しつけに一貫性がないと子どもも混乱してしまいます。

しつけをしない夫に対して妻はイライラすることがあります。

対策

夫婦で育児についてのルールを決め、そのルールを守ることが大切です。

また、夫婦で子育てについての意見交換を行い、共通の方針を作り上げることも必要です。

夫が子どもに注意をしても聞かない場合は、夫婦で一緒に注意することが大切です。

「子育ての方針やルールを決めるのって難しそう」と感じたあなたは、こちらの本を参考にしてみてください。

筆者が子育てで実際に行ったルールや方針決めの方法について書かれています。

子育ての軸を決めることで、必要以上に叱ることも減りますよ。

ついでに非認知能力の高め方も学べて一石二鳥です。

非認知能力についてもっと詳しく

非認知能力とは、人間の学習・成長において、知的能力以外の要素である、自己管理、自己評価、協調性、粘り強さ、情熱、創造性などの能力の総称です。

つまり、学校での成績やIQといった知的能力だけでなく、社会や職場で必要とされる態度や行動につながる、人格的な能力を指します。

非認知能力は、子どもの教育においても重要視されており、自己肯定感の育成や、ストレスや失敗に対する対処能力など、人生を豊かにするための力を養うことができます。

3. なにもしないくせに文句をいう夫

夫が家事や育児をなにもしないのに、口だけだしてくると妻はイライラします。

例えば、料理を一切手伝わないのに味や品数に文句をいうこと、家事や育児を手伝わないのに部屋が汚いと文句だけいうことなどです。

文句をいう暇があるならあなたがやってよ!と感じているママも多いかもしれません。

対策

夫に協力してもらう必要がありますが、難しければ家事を家電に任せる方法があります!

共働きなど忙しいご家庭にピッタリのお掃除サポートアイテムです

寝ている間に掃除機をかけてもらいましょう。

対策

他にも洗濯乾燥機がおすすめです。

赤ちゃんがいると洗濯物がたくさんでますよね

乾燥機付きの洗濯機は人生が変わります!!

洗剤の自動投入も便利です。

4. 子どもの育児に積極的でない夫

育児において、夫が積極的に関わってくれることは非常に大切です。

しかし、夫が子どもの育児に対して積極的でない場合には、ママは育児の負担が増え、イライラすることがあります。

育児は病院への受診基準や病院選び、保育園選び、食事バランスやどの日焼け止めを使うかという些細なことまでたくさんの決めなければならないことがあります。

子育てに関して全部自分が決めていて選択疲れしているママも多いかもしれません。

子育ては二人で行うものなので、二人で相談して取り組んでいきたいですね。

対策

夫に育児の負担を分担してもらうことが大切です。

例えば、夫にお風呂の準備や洗濯物のたたみ方などを教えることで、夫が育児に積極的に関わってくれるようになる場合もあります。

また、夫婦で一緒に子どもと過ごす時間を作ることも大切です。

パパに子どもがなつくことで、育児への参加意識が高まるかもしれません。

パパに子どもがなつかず、パパの心が折れているときにおすすめの本です。

そっとこの本をパパに渡しましょう。

著:ヨシタケシンスケ
¥990 (2024/05/07 05:01時点 | Amazon調べ)

5. 意見が合わないことによるストレス

子育てにおいて、夫婦で意見が合わないことがあるかもしれません。

例えば、子どもについての教育方針や、育児に対する考え方などが異なる場合があります。

このような場合には、ストレスが溜まり、夫に対してイライラすることがあります。

対策

夫婦で話し合いを行い、意見を共有することが大切です。

子どもについての教育方針や育児に対する考え方などについては、夫婦で共通のルールを決め、それを守ることが大切です

また、夫婦で子どもの成長を見守り、その成長に合わせて考え方を変えることも必要です。

夫婦で話し合いをするときに感情的になってしまうとケンカになってしまいます。

つい感情的になりやすい方は、怒りのコントロールが学べるこちらの本を参考にしてみてくださいね。

子育て中に夫にイライラするママへメッセージ

子育ての負担がママに偏り過ぎると、夫へのイライラが募ります。

子育ては夫婦のビックプロジェクトなので、二人で協力し合って成し遂げたいですね。

夫と妻、それぞれ苦手・得意が異なるのが当然です。

助け合うには、自分がどう感じているか、相手に何をしてほしいかを伝える必要があります。

イライラしているときはなぜイライラしているかをまず言語化してください。

そして相手にどうしてほしいか伝えると、相手が変わってくれることがあります。

お互いがフォローし合いながら、不公平感を感じずに子育てを楽しみましょう!

初回限定

【初回は1食298円】

幼児食もぐっぱ


おすすめです!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次